贈答品の梱包 | SBSグループ・動画 ポータルサイト

SBSロジコムでは、平塚支店・館林支店にキャラメル包装の自動処理機を導入いたしました。従来は作業スタッフによるマンパワーで行っていた贈答品などの包装業務を自動化することによって、スピーディーなオペレーション、低コストでのサービス提供、包装品質の向上などを実現し、多くのお客様から高い支持を得ております。

贈答品包装, キャラメル包装, sbsロジコム, 平塚館林

低コスト・迅速・綺麗に贈答品を包装
キャラメル包装用の自動処理機を導入


SBSロジコムでは、平塚支店・館林支店にキャラメル包装の自動処理機を導入いたしました。従来は作業スタッフによるマンパワーで行っていた贈答品などの包装業務を自動化することによって、スピーディーなオペレーション、低コストでのサービス提供、包装品質の向上などを実現し、多くのお客様から高い支持を得ております。
今回導入した自動包装機は、1時間当たり約1500個の処理能力を有しており、1箱当たりの制限重量は約8キログラム。お客様の取り扱いアイテムに応じて包装仕様(箱の幅、長さ、高さなど)をあらかじめ登録しておくと、その仕様に合わせて自動的に包装作業が進んでいきます。仕様を変更するたびに、作業員が機械を微調整する必要がないため、機械のアイドルタイムが少なく、作業生産性が高くなるという特徴があります。また、糊づけも、機械が糊を薄く噴霧する構造になっているため、貼り付け部分の凹凸が少なく、綺麗な包装に仕上がります。


カテゴリー:
» 物流サービス
» 物流サービス » 庫内オペレーション

タグ: 贈答品包装 | キャラメル包装 | sbsロジコム | 平塚館林 |